晴れのち晴れ

きてくれてありがとうございます。もし落ち込んでる人や悲しいことがあった人はよんでみてください。世の中にはこんなくだらないことで笑ってる人がいるんだと元気になれると思いますから。よろしくお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

俺がお菓子屋を選んだ理由

こんばんわ!


二泊三日の山都研修が終り、無事に帰ってくることが出来ました。





研修の時に、ふとしたことがキッカケで夜に男子と先生だけで何故この学校に入ってきたのかなどという話をしました。



今日は今まで誰にも言わなかった理由を話したいと思います。







知りたい人だけ見てください。





















俺は正直言って小さい頃からケーキとかクッキーとか、甘くて口の中の水分がなくなるようなものが大嫌いでした。





そんな俺が、なぜお菓子の業界に進もうと思ったのか・・・。






そのきっかけを与えてくれたのは家のお母さんでした。




家の母は、昔からお菓子を作るのが大好きで、よく作っていた記憶があります。




しかし、家は兄と俺、そしてお父さんという男しかいない家系。当然ケーキとか作ってもそんなに食べるはずもなく・・・



いつも家では母の作ったケーキは余っていました。




しかし、相変わらずケーキが嫌いだった俺が高三になった頃。






俺はフとおもったんですよ。






なんで作っても家じゃあまるのに、母さんはケーキを作るのをやめないんだろう?






作っても自分の子供は全然食べないし、いつもイトコの家に持っていってたんですが、なぜそこまでしても作り続けているのだろうって。






ただ単にお菓子作りが好きだからっていう理由だけじゃないような気がして・・・。





そして高三の夏休み。自分も手伝ったら何かわかるんじゃないかと思って、一回だけ母さんの手伝いをしたことがあるんですよ。




少しだけですが、生地を混ぜたりなんかして。




当時お菓子なんか作ったこともなかったから、コツもわかんなかったし、すぐに手が疲れたり、ちょっと混ぜすぎたりして注意されたり・・・




正直「つまんない。はやくおわんないかな・・・。」なんておもってました。






そして、ついに焼き上がりました。





結局、何もわからなくて、やっぱり作るのが好きだからずっとやってるのかなって思いました。




・・・しかし、作ったモノを試食で母さんが食べた時です。





「白猫♪が手伝ってくれたからいつもよりおいしい!」



ってすごく嬉しそうにいってくれたんですよね。




その時の顔をみて、やっと母さんがケーキを作り続けている理由がわかったんです。



・・・・あ、母さんがケーキを作り続けてたのは、この顔が見たかったからなんだって。





自分が作ったモノを食べて、幸せになってくれた人の笑顔が見たかったんだって。





現実に、母さんが幸せそうな顔をした時、「あぁ、つくってよかったな。」っておもいましたから。






それから、俺はお菓子の道に進もうと思うようになりました。





将来は自分の店を持って、お客さんが「ここのお店のケーキ買ってよかった!」って思ってくれるようなお店をつくりたいんです。
有名にならなくてもいい、ただ、俺が作ったケーキを食べて幸せになってくれる人さえいればいいんです。




現実をみればそんな甘いことじゃ生きていけないってのは重々承知です。




ですが、俺はこの気持ちだけは忘れたくないし、なくしたくありません。







・・・・っとこれが俺がお菓子屋を目指した理由です。




・・・あ、もしも俺の身内がみたら俺の母には内緒の方向でお願いしますm(__)m(笑)




では!!またあした~!
スポンサーサイト
  1. 2007/04/09(月) 00:12:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

店に入ったら、帽子とヘルメットはとりましょう | ホーム | 教頭先生の出現率ははぐれメタルより低い

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sironeko77.blog67.fc2.com/tb.php/172-3ea0f86a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。