晴れのち晴れ

きてくれてありがとうございます。もし落ち込んでる人や悲しいことがあった人はよんでみてください。世の中にはこんなくだらないことで笑ってる人がいるんだと元気になれると思いますから。よろしくお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

守られる存在から守る存在へ


一昨日の朝、母が倒れました。





動くとめまいと吐き気が襲ってくるようで、動くに動けない状況でした。









どうにかこうにか救急車で病院に担ぎ込まれ、検査をして、今日別の病院で入院しました。





原因は、耳の中の平行感覚をつかさどる神経が何かの拍子に一時的に少しおかしくなったということだそうです。





ほかに病気が無いか調べるために2週間入院しなきゃいけないそうです。







僕は、正直言って母が倒れたとき何も出来ませんでした。





怖くて、頭が真っ白になってなにをどうして良いかも分からなくて、ずっとあたふたしていました。






あぁ・・・自分って無力なんだな・・・






救急車に乗っているとき、心底思い知らされました。





大人になったつもりでいても、所詮はまだ親に守ってもらっている存在なんだって。





普段色々助けてもらったりしているのに、逆の立場になったら何もできなくて・・・





自分の無力さが悔しくて、涙が出てきました。





無知ってことはとても怖い事だと。





いつまでも親に守ってもらうのではダメなんですよね。





もうすぐ二十歳・・・守ってもらうのではなく、守る存在にならなくては!






母は、顔色もよくなって段々回復しています!
スポンサーサイト
  1. 2007/07/23(月) 21:07:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どうせ同じ時間をすごすなら一秒でも笑っていられる時間を! | ホーム | 花火っての儚いからこそ綺麗に見える

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sironeko77.blog67.fc2.com/tb.php/178-7f06a30a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。