晴れのち晴れ

きてくれてありがとうございます。もし落ち込んでる人や悲しいことがあった人はよんでみてください。世の中にはこんなくだらないことで笑ってる人がいるんだと元気になれると思いますから。よろしくお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

思い出話

え~、今日は本気で一日寝ていて書くことが無いので、俺がこっちに引越しして来るときにあった話をしたいと思います・・・。





俺は神奈川に来る前は、富山に住んでいました



当然引っ越すことになるんですが、ここで問題だったのはその住む場所です。



今では家族で引越してきましたが、初めのほうは俺が一人暮らしをするという方向で話は進んでいたんですよ。





ある日、俺が学校から帰ってくると母親が電話をしていました。


相手は単身赴任の父親です。




気にせずに俺はいつものように自分の部屋に入りましたが、部屋のすぐ隣が居間なので話し声がもれて聞こえてくるんですよ。




その内容は俺の住む場所のことで、居候さてもらうのはどうかと言う内容でした。。。




俺の話だったので、少々聞き耳を立てていると・・・




母「あ、白猫♪の一人暮らしの場所のことだけどさ~・・・」





・・・お?なんかいい案でも出たのかな・・・?




母「○○ねぇさんの所に居候させてもらうのはどうかな?」






・・・・・・・ナヌッ!!!?ねぇさんだと!?






俺の心は少々舞い上がりました(*ノノ)キャ
もっと詳しく聞こうと、話を聞いていると・・・




母「○○ねぇさんなら今一人暮らししてるし、ちょっと部屋が狭くなるけど東京に住んでるし・・・いいと思わない?」







・・・・・・えぇそりゃもう喜んで!!!



一人暮らしのおねぇさんのところに居候とか・・・・そんなどっかのエロゲーみたいなシチュエーションが現実にあったとは・・・!!




しかも一人暮らしってことは大学生か専門学生・・・コレはすごい!!



と期待を膨らませていると電話が終わったみたいで、俺は母に呼ばれました。





どうせ俺に居候しても大丈夫か?ときいてくるんだろうと思い、あえて聞こえなかった振りをして居間に向かいました




俺「何?」



母「あんたの一人暮らしだけどさぁ・・・」





・・・よしきた!!




と俺は心でガッツポーズをとりました
で、知らない振りをして話を聞きます



俺「あぁ、なんかいい案でもみつかったの?」


母「うん。一応、○○ねぇさんの所で居候させてもらうのはどうかと思って。○○ねぇさんなら一人ぐらしだし・・・」







・・・ばら色人生ゲ~~~~~~~ット!!!!





しかし、即行でOKを出すのも気まずいので少し躊躇する振りを・・・



俺「ん~~~・・・人見知りとかなんないかな~・・」




・・・もう一押ししてこい!!そうすれば俺はOKをだす!!!



母「あ~~。・・・まぁあんたなら人あたりいいし大丈夫でしょ」




・・・キターーーーーー!!!!がっつり食いついてきやがったぜ!!



そして、「じゃぁ行ってみる」と言おうとした瞬間に、母の言葉にさえぎられました




母「まぁ、ねぇさんって言っても母さんよりちょっと年上だけどね(笑)」










・・・・・・はい?







・・・・い、今なんと??







・・・・・・母さんより年上・・・?






・・・・・・・・・・ねぇさんって、俺から見てのねぇさんじゃなくて母さんから見てのねぇさんだったの・・・?







・・・・・だ、だまされた!!!! ○| ̄|_






世の中そんな甘い話あるわけないもんな・・・




ってゆうか、そんな歳の人をねぇさんと呼ぶんじゃねェェエェ!!!




青少年の淡い夢を粉々に砕きやがって・・・・





即行でOK出さなくてよかった・・・





俺のこの計算高い脳みそに感謝感謝!!




もちろん、その話を聞いた俺は




俺「・・・う~ん・・・。でもなぁ・・・。」


と、渋ります。

母「あ~。でもあんたの苦手なタイプかもねぇ・・・・。酒癖悪いし・・・チャキチャキの江戸っ子だし」




・・・おいおい!本当に俺の苦手なタイプど真ん中ジャン!!!!


そんな危険な人を紹介しようとしてたのかよ!!






よっぱらいで、しかも江戸っ子系統のババァの相手なんかしてられっかよ!と思った俺は、酒癖を理由にことわりました。



俺「あ~・・・・それは絶対俺無理なタイプじゃん・・・。絶対やだ!」



母「そっか。じゃぁしょうがないか。」




と、何とか危機を逃れることができました・・。





・・・赤い薔薇には棘があるように、甘い話には罠があるので皆さんもお気をつけください・・・・





Ps.この考えは、浮気しようとかじゃなくて青少年なら誰でもあこがれるはずの考えなのであしからず・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/07/02(日) 23:05:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

バイトづくし・・・? | ホーム | オケオケ~♪

コメント

Ps.この考えは、浮気しようとかじゃなくて青少年なら誰でもあこがれるはずの考えなのであしからず・・・

↑ちょ・・・
下賎な輩と一緒にしないでくれ(´゚ω゚`)
俺は ま じ め
  1. 2006/07/02(日) 23:24:18 |
  2. URL |
  3. まさ㌧ #41Gd1xPo |
  4. 編集

はやとりちりしすぎだ(*´∀`)σケラケラ
おかんぐらいの人が姉ちゃんって言ったら、そんなもんだって(^_^;)
多分、俺らが想像する姉ちゃんなら、〇〇ちゃんってあだ名とか、名前の後にすぐちゃんって付けるか、なになにさんとこの○○ちゃんって言うべさ。
  1. 2006/07/02(日) 23:29:22 |
  2. URL |
  3. 仙人 #3RYqKTAY |
  4. 編集

返事<まさ㌧

いや、だってお前は・・・なぁ?
ゲ○ちゃん・・・・だろ??
  1. 2006/07/02(日) 23:55:10 |
  2. URL |
  3. 白猫♪ #- |
  4. 編集

返事<仙人

だよな~~~( ´Д`)=3
本当にビックリしたし・・・。やっぱ世の中そんな甘くないな・・・笑
  1. 2006/07/02(日) 23:59:59 |
  2. URL |
  3. 白猫♪ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sironeko77.blog67.fc2.com/tb.php/44-e6751f1a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。